プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

フラボノイドがガンを抑制する

フラボノイドがガンを抑制する


フラボノイドには、有用な作用があるために、

ドイツやフランスなど西洋諸国に加え、

1970年からは、ロシア、ブルガニアなどの東欧圏諸国のほか、

中国などでも盛んに研究セれています。


1991年には、日本とイギリスとの共同研究によって、

フラボノイドが遺伝子を切断したり、

つないだりする酵素を阻止する作用があることが突き止められて、

ガン細胞の増殖をかなり遅らせることが分かりました。


また最近、日本では

バイカリン、バイカレインなどが

ヴィルスの生きた細胞を破壊する作用のあることが分かりましたし、

フランスでは、ガンの有力な原因の一つと考えられている

活性酸素を抑制したという報告もあります。


このように研究が進むにつれて、

フラボノイドの有用性がますます高まってきましたが、

これらの単一のフラボノイドのほか、フラボノイドの二分子結合した、

二重フラボンが、イチョウ、スギなどの裸子植物に多く含まれていることがわかり、

その応用範囲は一層広くなっており、

その重要性はさらに増すものと思います。


フラボノイドをわかりやすく説明しますと、

細菌やヴィルスをやっつけて、生体を守り強い組織を作ること、

細胞膜を強くして、細胞の働きをよくすること、

生体に悪い酵素類を抑え、良い酵素の働きを盛んにして、

発ガン物質のできるのを抑えること、

心臓や血管の働きをよくして活動的な身体を作ること、

新陳代謝をよくすること、

肝臓の疾患をはじめ、アレルギーや胃腸の病気にも良いこと、

認知症を改善することなどがわかっています。


ガンは高年齢の人が多い、つまり、体に酵素が少ないこと、

ガン治療には体力をつけ、

自ら病気にの抵抗力をつけることなどがわかっています。


プロポリスが、ガンを抑制したという報告が多くありますが、

プロポリスに含まれているフラボノイドやアルテピリンCをはじめとする成分が、

細胞がガン化される前に強く働いて抑圧したものと考えられます。


つまり、プロポリスの抗免疫力のせいなのです。


おススメのプロポリスはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional