プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

フラボノイドとは?

フラボノイドとは?


フラボノイドは、自然界に広く分布していて、

その名称のもととなったのがギリシャ語からきていることが示すように、

色素として知られているものが多く、海藻類、細菌類、

カビ類など以外のすべての植物に含まれています。


その化学構造上の違いによって多種類に分類され、

今までに約500種類以上が知られています、

今日も新しいものが次々と発見されています。


フラボノイドは、染料と持ちられて来た歴史が古く、

アルミニウム、鉄、銅などを媒染剤として種々の色に染め分けられたり、

また無害の食用色素として利用されてきました。


以前は、植物代謝の老廃物と考えられていた時代もありましたが、

次第に様々な重要な働きをしていることが明らかになり、

今では医学的に応用されているものも多くあります。


保健、薬効上の役割に限ってみても、

抗出血性ビタミンと言われるビタミンP用の作用のほかに、


便通をよくするマハチフロリンA、下痢を止めるケンフェロール、

利尿をつけるクウェルシトン、血圧を下げるクワノンG、

血管運動性を調整するヘスペリジンなどの他に、

ダイトザインには鎮痛作用、ロテノンには殺虫作用、

イソフラボン誘導体には殺菌作用が、

ルチンには、内出血をお予防する作用などは知られています。


さらに、抗アレルギー作用を示すバイカレインや、

肝臓の毒を打ち消すジホドフラボノールがあり、

その他抗酸化作用や心臓に対する作用など、

数多くの注目すべき作用が明らかになってきました。


また、日常生活に多く使われるものの一つに、

口紅の原料としては、カルサミンが、農業用の殺虫剤としてロテノンが、

顕微鏡検査の色素としてヘマトキシリンなどもあり、

広い範囲で応用されています。


日本薬局方でも、知られているものが多く、

センブリ、ジキタリス、ルチン、ドクダミ、オウゴン、ゲンノショウコウ、

ケンビ、トウヒ、カンゾウ、カツコン、など多くのものが利用されています。


● プロポリスのご購入をお考えの方は、 おススメのプロポリスはこちらをクリック

優れた商品を紹介しています。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional