プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリスとフラボノイド

<< 公式サイトはこちらから↓↓↓ >>


プロポリスとフラボノイド


プロポリス 主成分 フラボノイドについて


プロポリスの主成分として、注目されるのがフラボノイドです。

赤ワインに含まれるポリフェノールが、

動脈硬化を予防し、心臓病や脳卒中等に

かかりにくくさせるという研究発表が

世界的に話題になって赤ワイン部門が起こりましたが、

そのおかげでポリフェノールという言葉が

一般的の方にもすっかりおなじみの言葉になってきました。

このポリフェノールは、多くの植物に含まれている物質の総称です。


これにはいろいろな種類があり、

その一つがここで取り上げるフラボノイド類なのです。

フラボノイド類は種類が多く、現在約2千種もあると言われています。

そのフラボノイドが近年になって大きな注目を集めているのは、

様々な流用植物の成分を調べたところ、

フラボノイドの中にすぐれた薬理効果を

発揮するものがあるということがわかってきたからです。

プロポリスは、ミツバチが集めてきた花の蜜や花粉、

樹液等から作られています。

つまり原材料そのものが植物の中でも

フラボノイドが多く存在しているものが選ばれているのです。

ですから、プロポリスに

フラボノイドが多く含まれているのは当然といえます。

ブラジルのミナス・ジェライス州のユーカリ系

プロポリスに含まれるフラボノイドの量を測定しました。

100ccあたり、2000ミリグラムを超える

フラボノイドが含まれていることがわかりました。

これはワインに含まれているポリフェノールの量は、

多いもので、1ccに3.0から3.5mg 程度、

少ないものだと1.5m g 程度です。


つまり、プロポリスのフラボノイド量は、

赤ワインより一桁も多いのです。



まさにフラボノイドの宝庫といいますが、

プロポリスが、わたしたちの健康に素晴らしい効果を

与えてくれるのもこの豊富に含まれる

フラボノイドのおかげだと考えられます。



プロポリスに含まれているフラボノイドは、

量、種類ともに非常に豊富です。



これは様々な植物からミツバチがせっせと

フラボノイドは詰めてきてくれるおかげですが、

プロポリスの大きな特徴はまさにこの

フラボノイドの宝庫という点にあると思います。



ただし、どんなフラボノイドが含まれているか、

その種類は原材料である植物によって、違ってきます。



例えばヨーロッパ産のものと、ブラジル産とでは

フラボノイドの種類に違いが見られます。



しかし、フラボノイドの種類が違っていても、

一概にそれだけでは優劣はつけられないようです。



ヨーロッパ産のプロポリスを勧める人もいますが、

私自身は、ブラジル産のユーカリ系プロポリスを勧めます。



その成果は、結局のところ、品質の高さと品質管理が

しっかりしている信頼できるものかどうかが、

プロポリスの効果を左右しているようです。


フラボノイドとは?


フラボノイドはポリフェノール類の1つで、

野菜類や果実類に多く含まれる。


フラボノイドにはフラボンやイソフラボンなどの種類があり、

これらはフラボノイド系化合物とも呼ばれる。


フラボノイド系化合物は多くの健康効果をもつが、

近年特に注目されているのが老化を防ぐ抗酸化作用と、

糖尿病など生活習慣病のリスクを下げる効果。


したがって、

フラボノイドを含有・配合した食品や

サプリメントは、アンチエイジング、

健康保持、ダイエットなどの目的で利用されている。


数多くの種類があるポリフェノールの1つ


ポリフェノールには数多くの種類があるが、

そのうちで特に広く知られている種類の1つにフラボノイドがある。


フラボノイドはさらに、

ベンゼン環をつなぐ炭素原子の構造の違いによって、

フラボン、イソフラボン、カテキン、

アントシアニジンなどさまざまな種類に分類される。


これらを総じて、フラボノイド系化合物と呼ばれることもある。


フラボノイドの効果


植物の色素成分だが、多くの健康効果をもつ

フラボノイドは植物の色素成分だが、

摂取すると以下のような健康効果を得られると言われている。


  • 体の酸化(老化現象)を防ぐ抗酸化作用

  • 細胞の変異を防ぐ抗変異原作用※


  • 抗ガン作用


  • 血圧の上昇を防ぐ

  • 動脈硬化や糖尿病など生活習慣病のリスク低下

  • 抗アレルギー作用


※細胞の変異は、紫外線や放射線が原因とされる。


若さを保つためのアンチエイジングや、

肥満や生活習慣病にならないための

ダイエットが盛んな近年においては、

特に・動脈硬化や糖尿病など

生活習慣病のリスク低下が注目されている。


おススメのプロポリスはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional