プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリスと副作用

プロポリスと副作用


プロポリスと副作用について


プロポリスには副作用がある事が確認されています。

栄養補助にはとても適していると思われるのですが、

光があれば影もあるように副作用の事は

充分考慮に入れておくべきでしょう。



アレルギーのある方はプロポリスを摂取、

使用することによってかぶれなどの副作用が考えられます。



ですから過去にそういった経験がある方は、

普段から気にかけている方は控えておく事が安心です。



アレルギーの方以外でも、

妊娠中の方なども充分に気をつけなければなりません。



この場合、使用しない事が

もっとも良いのではないでしょうか?



あとで後悔することのないように、

控えておくようにしましょう。


プロポリスを服用する際には胃腸の弱い人、

アレルギーを持っている人は

まずパッチテストなどで安全確認を行うようにしましょう。


実は、プロポリスには非常に強いアレルギー性物質が

たくさん含まれているといわれています。


摂取、もしくは塗布によって、

重篤な症状が出てしまったというような報告が残念ながらあります。


さらに、肝機能障害に関しての報告というのは、

複数確認されているようです。


他にも腎臓などを始めとした内臓機能の障害、

さらに皮膚に触れることによって、

さらに口から摂取することによって

接触性皮膚炎などを起こしやすくなります。


プロポリスで知られる副作用の中でも

最も有名なのが接触性皮膚炎でしょう。


この接触性皮膚炎とは、

皮膚に物質が触れてしまった時の刺激や

アレルギー反応によって起きる皮膚炎の一種であり、

プロポリスによって起きるアレルギー性接触皮膚炎というのは、

プロポリスにアレルギーをもつ人が何らかの形で

プロポリスに摂取して引き起こされる皮膚炎です。


症状としては、

プロポリス摂取後12時間後あたりから皮膚の痒み、

赤みと徐々に症状が現れ、

その後から肉眼でも確認できる腫れや水疱が出現します。


基本的にこの後症状は収まっていきますが、

無理にプロポリスを摂取するなどして

この接触皮膚炎を繰り返してしまいますと、

皮膚に紅斑がくっきりと残ってしまい、

痒みなどの不快症状は残ってしまいます。


プロポリスで肝障害の副作用


プロポリスは基本的にはほとんど

体には悪い影響は及ぼさず、

一般的に入手でききるだけあって

基本的には比較的安全といえるでしょう。



しかし、全く悪影響が無いわけでもありません。



アレルギーの方の場合は副作用の可能性が高いため、

控えておく事が良いでしょう。



それ以外にも中では肝障害の副作用の報告もなされています。

健康のために使用するプロポリスなのですが、

場合によっては健康に悪影響を及ぼす場合も出てきます。

摂取の際には説明書の注意書きなどをよく読んで、

安全に摂取しましょう。

詳しくは、プロポリス 副作用 肝障害 をご覧ください。

● プロポリスの購入をお考えの方へ!!

  
おススメのプロポリスはこちらをクリック


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional