プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリスの効能・アトピー性皮膚炎

プロポリスの効能・アトピー性皮膚炎


プロポリス アトピー性皮膚炎にも有効



アトピー性皮膚炎がなぜ起こるのかは、
いまだに解明には至っていないというのが実状です。


ただ、はっきりした原因は掴めていないまでも、
アレルギーが起こることと、皮膚疾患の両面からの
治療が必要であるというのが、
現在のアトピー性皮膚炎治療の常識になってきています。


アトピー性皮膚炎は、免疫機能に異常が起こって発症します。


免疫細胞は異物の進入を防ぐために、「抗体」をつくり出します。


免疫グロブリンという免疫細胞が作り出す抗体の中の
「IgE抗体」が、アトピー性皮膚炎に
大きく関与していることがわかっています。


簡単に言えば、 IgE抗体が異物でないものにも
過剰に反応して起こるのがアトピー性皮膚炎です。


IgE抗体は、アレルゲンに反応する肥満細胞と
結びつきやすい性質を持っていって、
アレルゲンが進入してくると盛んに
肥満細胞とくっついてしまいます。


活性化された肥満細胞は、
内包していたヒスタミンという化学物質を放出します。


ヒスタミンは、血管を拡張されたり、
腫れを引き起こす等を炎症をもたらす物質です。


これが放出されてアトピー性皮膚炎が起こるのです。


もちろん、この説が最有力ということで、
また別の説もあり、確定されたわけではありませんが、
少なくとも、こうした免疫システムの異常によって
アトピー性皮膚炎が起こっていると考えられます。


アトピー性皮膚炎はひどいかゆみを伴い、赤く腫れ、ただれます。


掻き毟れバ毟るほど、皮膚表面には、細菌の繁殖していきます。


そうしたかゆみを抑える目的で、
現在はステロイド剤や抗ヒスタミン剤が使われています。


激しいリバウンドや副作用の深刻さ故に、
ステロイド治療には、疑問視する向きが多いのも事実です。


体にとって害のない効果的な薬は、
アトピー性皮膚元患者に限らず、
皮膚炎に悩む人にとっても、待ち望んのところでしょう。


プロポリスを飲用、或いは患部に塗って、
アトピー性皮膚炎を改善したという症例は数多く聞かれています。


ただ、その効果がプロポリスを何に由来するのかは、
アレルギーそのものは複雑に発症するものだけに、
今後の研究を待つ必要がありそうです


プロポリスの抗菌作用、或いは抗炎症作用が、
効果をもたらした場合もあるかもしれませんし、
免疫機能を活性化する作用が、功を奏しているのかもしれません。


おススメのプロポリスはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional