プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリスの効能・免疫機能増加して老化にも役立てよう

プロポリスの効能・免疫機能増加して老化にも役立てよう


免疫機構は、人間にそもそも備わっている最大の武器、

最後の砦と呼べるものかもしれません。

免疫機構はその総司令部です。

免疫細胞と呼ばれる各実業具体化それぞれに与えられた役割を全うし、

頻繁に情報を交換し合いながら巧みに連携し砦を守っています。

免疫細胞は血液から作られます。

その出発点は骨髄です。

ここで作られた赤血球と白血球、血小板のうち、

白血球の中で作られるリンパ球、マクロファージが、免疫細胞です。


リンパ球は大別すると、T細胞とB細胞、NK細胞に分かれます。


プロポリスには、そうした免疫細胞を活性化する作用の

あることが様々な研究で明らかになっています。

プロポリスは抵抗力の衰えた免疫細胞を活性化させ、

働きやすくするような環境を整えているというわけです。



私たちの体は年齢とともに衰えを見せ始めます。



ちょっとしたことでも風邪をひいたり、なかなか治らなかったり、

若い時は活発に働いていた免疫細胞も、当然衰えてくるわけです。



プロポリスを飲んでいてそうした衰え辛く疲れや弱ったからだが、

見違えるように元気になったというでは沢山あります。



傷口の治りが以前より早くなったというケースも多くあります。



体のツボとツボの間には、微量電流が流れていると言われています
が、

これを測定した結果には、明らかにプロポリスを飲用した後では、

電流の流れが活発になったという例も報告されています。


プロポリスのフラボノイドには、

骨髄機能を活発にする作用のあることが認められています。



骨髄は血液を作り出し、作り出された白血球が

免疫細胞となるわけですから、骨髄機能が活発になることは、

免疫系の正常化、活発化には重要な作用といえます。



プロポリスにはマクロファージを

活性化する作用のことか研究でつきとめられています。



特にガン細胞に対して協力に攻撃を仕掛ける

NK細胞を活性化することもわかっています。



こうした様々な効果を「免疫賦活採用」と言います。



私たちの環境にはこの明記旅行低下させる要素がいっぱいあります。



年齢を重ねていけば、環境に左右されるまでもなく、

免疫力の低下は、避けられません。



プロポリスはそんな状態にあっても、

白血球を増やし、免疫力の強化に役立ってくれるのです。


おススメのプロポリスはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional