プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリスの効能・免疫機能増強しガンにも効果

プロポリスの効能・免疫機能増強しガンにも効果


免疫機能を増強し、ガンにも効果を・・・



プロポリスは、体の免疫力が低下しているときに、

これを高めるだけでなく、免疫過剰が起こるときには、

これを調整してくれる働きをしてくれます。



臓器移植をした時の拒否反応を抑えるためや、

自己免疫疾患の資料には、免疫抑制剤が用いられますが、

こうした化学薬品が一方方向だけにしか働かず、

行きすぎて副作用を起こすこともあるのに対して、

プロポリスは双方に働き、たえず体の機能を調整しながら、

免疫機能を正常に保つ助けをしてくれる大変すぐれたものなのです。



プロポリスの免疫機能増強作用としては、

免疫グロブリンの液性免疫よりもむしろ、

白血球系Tリンパ球、マクロファージ、ナチュラルキラー細胞、

好中球などが担う細胞性免疫の働きを調整することで、

免疫力の調整を行っているようです。

その結果、外からの異物でなく、自分の体を攻撃してしまうという、

行き過ぎた過剰反応で生じる自己免疫疾患や、

抗体の過剰反応で生じる喘息、アレルギー性鼻炎、

アトピー性皮膚炎等にも良い効果が及ぶと考えられています。


近年、ガンの新しい治療法として注目されているのが、

「免疫療法」です。

これは、ガン細胞はもともとは

自分の細胞が突然変異したものですが、

白血球の免疫細胞が、ガン細胞異物として認識し、

攻撃することから、免疫機能を増強することで、

ガンを治療しようというものです。

この免疫療法が完成すれば、

抗ガン剤や放射線のように正常細胞を傷つけたりせず

ガン細胞だけを叩くことができますし、

また、外科手術のように患者の体に大きな負担をかけずに済むので、

大きな期待が寄せられていますが、残念ながら、

現在のところまでは、まだそれ程の効果は出ていません。



しかし、プロポリスの場合、

ガン細胞に直接働きかけるとともに、

その免疫機能増強作用が免疫療法のような効果を上げ、

あわせてがへの効果を高めていると考えてもいいかもしれません。

プロポリスのフラボノイドには、

発ガン物質が体内で活性化するのを抑制し、

ガンを予防する働きのほかに、夢の抗ガン物質と言われた、

インターフェロンの体内構成の誘導作用もあります。



インターフェロンは、抗原の異なるα、β、γの3タイプが知られており、

ウイルスによって起こるガン化や肝炎等に対抗しています。

さらに、マクロファージやキラーT細胞、NK細胞および好中球が、

プロポリスのフラボノイドによって、活性化されると、

ガン化した細胞を攻撃する力が高まります。


● プロポリスのご購入をお考えの方は、

おススメのプロポリスはこちらをクリック

一滴の血液で血液検査が自宅で出来る血液検査キット【デメカル】



病院に行かなくて済むので誰にも知られずに気になる健康状態を把握する事ができます。

検査項目は「生活習慣病」「糖尿病」「痛風」「コレステロール」「中性脂肪」
「C型肝炎」「ガン」「エイズ」「性病クラミジア」など様々。


詳しい情報はコチラ↓↓↓

デメカル血液検査キット

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional