プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリスの効能・抗アレルギー作用

プロポリスの効能・抗アレルギー作用


プロポリスの抗アレルギー作用について



毎年、春先になると、

スギ花粉症情報が毎日出される程、

花粉症に悩まされる人が大勢いますが、花粉症に限らず、

アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、喘息等、

様々なアレルギー症状に苦しむ人たちが増えています。


こうしたアレルギー症状の改善や予防に、

プロポリスは効果があると言われています。


アレルギーとは体に異物が浸入してくると、

それに対抗する抗体が作られ、

次に同じ物質が侵入してきた時には、

その抗体が働いて異物を排除します。

このとき、

必要以上に反応してしまうのがアレルギーです。

その症状が花見てると

アレルギー性鼻炎、喉にくれば喘息、

皮膚に出るればアトピー性皮膚炎と病名が変わりますが、

いずれも同じ仕組みで起り、

I型アレルギーと言われるものです。


アレルギーの元となる抗原を、アレルゲンといいますが、

アレルゲンの種類も非常に多く、そば、米のような

ごく当たり前の建物がアレルゲンになっている人もいます。

しかもそうしたアレルゲンに接触することによって、

非常に激しいアナフィラキシーショックと言われる症状を起こし、

生命の危機さえあるというから大変です。


今や、アトピー性皮膚炎や

花粉症は珍しい症状ではありませんが、

以前はそれ程見かけてなかったと感じている人は

多いのではないでしょうか。


実際、アレルギー症状で悩む人が増えているのは事実ですが、

その原因として日本が清潔になって、

寄生虫の回虫が姿を消したことがあげられる説があります。

回虫に対抗するために備わっていた抗体が、

免疫グロブリンEで、この免疫グロブリンEが

相手とする回虫がいなくなったため、

ほとんど無害なものにその攻撃力を向けるようになり、

アレルギー症状を起こすことになったというわけです。

衛生状態が良い先進国に

アレルギー症状が多く見られることを考えると、

この説もあながち間違いではないといえるでしょう。


それはともかく、

アレルギー性疾患が増えている背景として、

食べ物を通して食品添加物や防腐剤、農薬、

環境ホルモン等の化学物質の摂取や例を暖房の普及により、

住宅の密閉化で、ダニやカビ等が住宅内に

発生しやすくなっているという生活様式の変化等があげられます。


それに加えて、現代社会で生きて行く限り逃げられない

ストレスという大敵が、自律神経を狂わせてしまい、

免疫システムに異常を起こされてしまうのではないでしょうか。

こうした現代病と言えるような病気にも、

プロポリスはその効果を発揮してくれるのです。


おススメのプロポリスはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional