プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリスの効能・抗ガン作用

プロポリスの効能・抗ガン作用


プロポリスの抗ガン作用をについて



プロポリスには、7種類の抗ガン物質が含まれています。

プロポリスの数多くの薬効の中でも、

何といっても注目を集めているのが、抗ガン採用といえます。

この抗ガン作用については、どのような効果成分があり、

どのような薬理作用を持っているのか、

各方面で研究が進められています。



プロポリスは様々な癌に効果を表してはいますが、

それもそのような多種類の交換物質が

含まれているからではないでしょうか。



この7種類の抗癌物質うち、

4種類まではその働きなくなり解明されています。


1 クレロダン系ジテロペン



ガン細胞増殖の際の遺伝子複製時に働く

DNAポラメラーゼの中でも、

αタイプの控訴を選択的に阻害します。



また、遺伝子の構成の際の塩基性成分の

デオキシチミジンー3リン酸が、

遺伝子に組み込まれているのを阻害します。



さらに、このクレロダン系ジテルペンを

マウスの皮膚に塗っておくと、

強力な皮膚癌発ガン物質であるDMBAを塗布しても、

皮膚ガンの誘発をおさえられます。

2 ケイ皮酸誘導体


ケイ皮酸誘導体は、林原生物科学研究所で、発見、抽出された

「アルテピリンC」と同一物質とされており、

これによると、次のような抗ガン作用を有します。



正常細胞に対し、突然編を起こしたガン細胞は、

非常に早く、かつ無制限に増殖するところに特徴があります。



アルテピリンCは、このような短時間に分裂を繰り返す物を

選択的に狙い撃ちします。

それに、副作用が少なく、ガン細胞の封じ込め、

損傷分修復といった多くの抗癌作用を有しています。


3 カフェイン酸フェネチルエステル


正常細胞傷つける恐れが少なく、

また、ガン細胞を選択的に損傷すると言われています。



また、この物質は、化学発ガン剤で誘発される

皮膚ガンや大腸ガンも抑制します。


4 ケルセチン


フラボノイドの一種です。


細胞の増殖を、遺伝子が複製される前の段階で、

止める働きがあります。



さらに高濃度にすると、

ガン細胞直接死滅させるように作用します。


 理想的な抗癌作用


プロポリスに含まれる抗ガン物質の働きは、

私たちの体にとって大変望ましいものです。



プロポリスに含まれている抗ガン物質には、

正常細胞を傷つける恐れはまずありません。



ですから、身体が弱った人でも、

副作用の心配をせずに感心して飲んでいただきます。



年をとると、どうしてもガン細胞が

発生しやすくなると言われています。



しかし、ガン細胞ができても、

早いうちにそれを退治してしまえば、

命とりのガンにならずに済むのです。



プロポリスを普段から飲んでいれば、

ガンの予防にも大いに役立つことでしょう。



もちろん、万が一にも間にかかった場合でも、

最後まで諦めないことです。



ガン患者さんの中でプロポリスで

元気になったという話が数多くあります。



プロポリスがすべてのガンに効くのか、

それはわかりませんが、少なくとも知る限りでは、

大変良い結果が出ています。



品質の高いプロポリスなら

きっと期待に応えてくれるはずです。


● プロポリスのご購入をお考えの方は、

おススメのプロポリスはこちらをクリック


一滴の血液で血液検査が自宅で出来る血液検査キット【デメカル】



病院に行かなくて済むので誰にも知られずに気になる健康状態を把握する事ができます。

検査項目は「生活習慣病」「糖尿病」「痛風」「コレステロール」「中性脂肪」
「C型肝炎」「ガン」「エイズ」「性病クラミジア」など様々。


詳しい情報はコチラ↓↓↓

デメカル血液検査キット

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional