プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリスの効能・抗炎症作用

プロポリスの効能・抗炎症作用


プロポリスの抗炎症作用について



体調が悪くて病院に行く時、何かに行ったらいいのか等、

迷ったことはありませんか。



診療科目が様々にわかれていて、それぞれに専門医がいます。



ですから、病院へ行くときも、火傷をしたら外科へ行き、

胃腸の調子が悪かったら内科や消化器科に行くというように、

受診するかが違ってきます。

そうした現代医学に慣れていると、

プロポリスが様々な症状に効果があるのが

不思議に思えるのではないでしょうか。

これはプロクリスに多彩な抗炎症作用があるからです。


「○○炎」というように、病名には、

「炎」の字がつくものが多いのですが、

これは幹部が炎症を起こしているということです。



ですから、その治療は、炎症を起こしたところ

正常な状態に戻るのを助けるのが目的となりますが、

プロポリスの成分には、炎症を治す働き、

すなわち抗炎症作用があります。

それも強力な細胞賦活作用、新陳代謝促進作用、抗菌作用、

リンパ組織の活性化作用、血管透過性の改善作用等、

多くの抗炎症効果を持っていきます。


この強力な抗炎症作用のおかげで、

プロポリスの効果は、胃炎、十二指腸炎、腸炎、火傷、鼻炎、

口内炎、子宮炎、歯周炎、膀胱炎から気管支炎まで、

実に幅広いものになっています。



内科から外科、耳鼻咽喉科、婦人科、泌尿器科から歯科まで、

まさに炎症に対しては、強みを発揮してくれるのです。



また、放射性によ皮膚障害にも効果があります。



皮膚移植を必要とする患者でも、その間、

プロポリス軟膏で十分対応できた症例が数多く出ています。



このプロポリスの抗炎症作用の薬効成分は、

フラボノイドとカフェイン酸と考えられます。


プロポリスの購入はこちら


プロポリス300<100球> / Propolis 300 <100 tablets>


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional