プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリスの効能・抗菌作用

<< 公式サイトはこちらから↓↓↓ >>


プロポリスの効能・抗菌作用


プロポリスのすぐれた抗菌作用について



プロポリスの抗菌作用は、一般にマイルドですが、

黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌などに対しては、

抗生物質のペニシリンやテトラサイクリンなどよりも

強い殺菌効果を有していると言われています



黄色ブドウ球菌や連鎖球菌は、敗血症を起こさせる、こわい病原菌です。


プロポリスの殺菌作用は、すぐれています。


一言で言って、「身体にやさしい」ということでしょう。


例えば、抗生物質の場合は、無差別に殺菌用殺してしまいます。


私たちの体の中では、腸には大腸菌やビフィズス菌、

乳酸菌、腸球菌などがすみつき、消化を助けたり、

有害なものが長く体内にとどまらないように働いてくれるのですが、

抗生物質はこうした有用菌まで、根こそぎ攻撃してしまいます。



しかし、プロポリスはこうした有用菌に害を与えることはありません。


また、転用していても、殺菌に耐性ができることがないのも、
プロポリスの良い点です。


抗生物質の場合は、これを飲み続けると、

最近がこの抗生物質に対して抵抗力をつけてくる

ということがあります。

こうして、抗生物質では、死なない耐性菌ができてしまう

という大変厄介なことが起こります。



最近、医療機関で大きな問題になっている

「院内感染」はこの耐性菌が原因になっています。


プロポリスの場合は、このように有用菌を殺したり、

耐性菌ができるという問題はありませんから、

安心して使うことができます。


プロポリスの抗菌力の特徴としては、

抗生物質が特定の菌に限定的に作用するに対して、

抗菌作用の及ぶ微生物の種類が多く、

皮膚状球菌までおよんでいることです。

つまり、抗生物質の場合は、

感染症をこうした菌にあったものを

使わないと効果がないのですが、

プロポリスなら、病原菌が特定できなくても、

効果が期待できます。



プロポリスに含まれているフラボノイドと、

他のフェノール酸や有機酸との相乗効果によって、

その抗菌作用は高められていると推定されます。



● プロポリスの購入をお考えの方は、 おススメのプロポリスはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional