プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリスの効能・抗酸化作用

プロポリスの効能・抗酸化作用


プロポリスの抗酸化作用について



酸素は私たちが生きていく上で、必要不可欠なものですが、

その一方で、酸素は酸化するという問題を引き起こします。



酸化とは、鉄がさびてボロボロになるもの酸化のためですし、

食用油を器に入れて放置しておくと、

そのうちドロドロにして腐っていくのも、

空気中の酸素によって酸化されたためです。



もし、私たちの体を作る細胞がこうして参加されてしまうと、

細胞が死に、生命活動にも支障をきたすことになります。



最近、話題になっている活性酸素は、

酸素の中でも特に強い酸化作用を持つもので、

これが体内の酸化を促進し、ガン等の生活習慣病、

老化等、様々な病気の元凶とされています。



この活性酸素は、私たちの体の中でも、絶えず発生しています。



生命が新陳代謝を繰り返し、激しい運動すると、

微量ですが、一重項酸素や活性化水素等の活性酸素を発生させるのです。

また、放射能や紫外線、ストレス等でも活性酸素が増えます。


この活性酸素の会を防ぐために、もともと私たちの体には、

活性酸素の被害を押さえるための抗酸化物質が備わっています。


しかし、年をとると、この抗酸化物質の生成が少なくなりますし、

またストレス社会は、活性酸素を発生させやすいということもあります。

ですから健康守るには、食物等からも、

抗酸化物質を多く取り入れたほうがいいということになりますが、

その点プロポリスは大変すぐれていると言えるでしょう。



プロポリスの抗酸化作用は抜群の働きをしてくれます。



私たちの体の中でも、特に活性酸素の被害を受けやすいのは、

「細胞膜」です。



細胞膜には、不飽和脂肪酸が多く含まれていますが、

この不飽和脂肪酸が参加されると、

古くなった油かすのような過酸化脂肪に変わりますが、

これが結果に貼りつき蓄積されると、

「動脈硬化の原因」となります。



また、これがタンパク質に結びつくと、

老化組織であるリポフスチンを生成したりするのです。



また、活性酸素は、細胞の遺伝子情報を示す塩基成分を酸化し、

遺伝子の構造変化させることによって、ガン細胞をつくり出します。



このガン細胞が増殖すると、ガンと進行してきます。


私たちの体の中には、活性酸素を除去する

スーパーオキシドディスムターゼ等の酵素があります。



こうした酵素は、活性酸素を毒性の少ない普通の酸素に戻したり、

水に分解してしまうことで、活性酸素の外から体を守ってくれるのです。

しかし、この酵素の活性は年齢とともに、

低下してしまうので、抗酸化物質の補給が大事になってきます。



この活性酸素を除去する物質は、「スカベンジャー」ともいいます。

スカベンジャーとは、「掃除をしてくれるもの」という意味です。

このスカベンジャーは、日常的な食品にも含まれています。

ビタミン C 、ビタミン E,カロチノイドのなかでも、

最近、脚光を浴びているのがポリフェノールです。



プロポリスの主要成分であるフラボノイドは、

このポリフェノールの仲間です。



プロポリスの主要成分のフラボノイドは、

抜群の抗酸化作用があります。



また、プロポリスに含まれるカフェイン酸誘導体にも、

強い抗酸化作用効果があるので、

プロポリスは活性酸素除去に大いに活躍してくれるのです。


おススメのプロポリスはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional