プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリスの効能・若返りと胸腺ホルモン作用

プロポリスの効能・若返りと胸腺ホルモン作用


プロポリス 若返りと胸腺ホルモン作用について



ある程度の年になってくると、誰でも老化が気になってきます。



年をとれば、何らかの老化現象が出てくるのは、

やむを得ないことですが、長寿時代で心配なのは、

老化で体が弱って病気になったり、

介護してくれる人に大きな負担をかけてしまうよでは、

とうてい充実した人生とは言えないでしょう。



こうしたことが心配になってきた時こそ、

プロポリスの新陳代謝機能で、

体の若さを保つようにしていることが大事になってきます



しかし、若返りとまでは居いかなくても、

若さを保つことが本当にできるのでしょうか。



おそらく多くの人がこの問題を、お持だと思います。


人間は、受精と同時に成長が始まり、

この成長は20歳頃まで続きます。



この間に、生態の組織や器官作り、完成させ、

約6兆ものある細胞からなる体型を形成します。



この成長は、20歳を過ぎた頃になるとストップします。



体の各部分によっても違いますが、

成長期が終わった後に、待っているのが、老化です。



もちろんしばらくの間は、その機能を維持しますが、

40代ぐらいになると、老眼や体力の低下等を感じるようになるり、

そろそろ老化が気になってくるわけです。

また、40代頃から、

ガンや糖尿病等の生活習慣病にかかる人も増えてきます。



これは体の免疫力や新陳代謝力が衰えてくるからです。


免疫力の低下で、老化とともに関係してくるのが、

胸腺」という器官です。



胸腺は、胸骨の後にある小さな器官ですが、

免疫では非常に重要な役割を果たしています。



免疫細胞の中でも、最も重要な Tリンパ球は、骨髄で誕生しますが、

そのままでは、まだ免疫細胞としての働きをしません。



この未熟な Tリンパ球が胸腺へ行き、

そこでホルモンの影響を受けて、

それぞれの役割の違う4種類の Tリンパ球に成長していきます。


この4種類とは、



ヘルパーT細胞サプレッサーT細胞キラーT細胞メモリーT細胞です。

これらの Tリンパ球がそれぞれの役割を果たすことで、

免疫機能もうまく働くのです。



ところが、この胸腺は、20歳頃をピークに徐々に退縮して行き、

40歳頃よりその重量は著しく減少するのです。



20歳をピークに免疫機能が起きていくのは、

この胸腺の老化が大きく関係してくるからです。



特にストレスが掛かるとそれに拍車をかけます。



しかし、この胸腺の生理的退縮による免疫力の低下を

プロポリスの主成分フラボノイドによって補うことができるのです。


新陳代謝を繰り返している個々の細胞では、

プロポリスの主成分フラボノイドが、

細胞膜の表面にある受容体に結合すると、

アデニル酸化酵素が働き、タンパクキナーゼが活性化されて、

その時生じるエネルギーによって、細胞が活性化されるのです。



細胞内エネルギーが高まると、

特定酵素の生成、代謝調整が行われ、

細胞が息づき、増殖、分化が活発化します。



簡単にいえば、細胞が若々しくなってくるのです。



プロポリスを飲んでいると、元気になって、

肌のつや費やしてくると、

多くの人が口をそろえたようにおっしゃっています。



これは、私たちの体を作っている細胞そのものが、

若々しく元気になるからです。



これが、プロポリスによる

老化防止、若返り効果というわけですが、

プロポリスの主成分フラボノイドのすぐれている点は、

胸腺にも直接作用をするということです。



ですから、加齢による胸腺の生理的現象に

歯止めをかけることになります。



女性ホルモンについてはこちら

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional