プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリスの選ぶポイント

<< 公式サイトはこちらから↓↓↓ >>


プロポリスの選ぶポイント


プロポリスを選ぶポイントとして、



品質の良いプロポリスを選びたい。


飲もうと思ったきっかけが深刻なものであればある程、
その思いは強いはずです。


ところが、高品質なプロポリス製品を選ぶのは、
それ程簡単なことではないかもしれません。


顆粒状や液状、錠剤等様々なタイプがあります。


そうしたタイプを含めると、1000種類以上のプロポリスが
販売されていると言われています。


迷うのも当然です。


そこで、数あるプロポリス製品の中から
高品質なものを選ぶためにはいくつかのポイントがあります。


まず原産地です。


プロポリスの原産地には、
東欧産、中国産、台湾産、もちろん日本産もあります。



中でも一番多いのが、ブラジル産です。


多くのメーカーは、「ブラジル産」をうたっています。


プロポリスは、「プロ=防衛」と「ポリス=都市」
という意味を持ちます。



つまり、ミツバチが生活する巣を
外敵から守る役割をするということです。



ミツバチが強力な殺菌力を持つプロポリスを使って、
巣の入り口や嬢王蜂の住む内部を保護するところから
この名がついたのでしょう。



ミツバチのこうした習性は、環境がより劣化の程強まる傾向があります。


ウイルスやなくて宿を取り巻く地域で生息するミツバチは、
せっせとその補強を務めます。


あらゆる金融を受け付けないようにと、
より多くのフラボノイドを集め、プロポリスを作り出すのです。


ミツバチが最も劣悪な環境で生息している場所、
それがブラジルというわけです。


蜜利用飛び交うミツバチは絶えず外適の危機にさらされています。


花の蜜を集める環境としては、さほど良い環境とは言えませんが、
それでもその地域で生息するためには、
生きる術としてより強力なプロポリスの採集が、
子孫繁栄のために必要な手段でということです。



そのブラジルで樹液や樹脂を集めているのが、
おもにアフリカナイルドミツバチです。


これはアメリカとアフリカミツバチの混合種で、
性格は非常に凶暴だと言われています。


日本に住むミツバチは温厚で、攻撃を仕掛けない限り
応酬してくることはありませんから、
そのイメージとは少し違うミツバチですが、
それだけで巣を守るための「プロポリス」力が
大きいところは容易に想像がつきます。



つまり、プロポリスの生産力が高いということです。


ただしそうした条件を備えたブラジル産だからといって
すべてが、均一で良質なものであるとは言えません。


ブラジルは日本の23倍もの広大な国土です。


どの地域でミツバチがそれを集めているのかでも
品質には差が現われてきます。



プロポリスの原料となる樹液、樹脂は、
ユーカリが最も良質なものであると言われています。


ユーカリといえば、オーストラリアが有名ですが、
この地域はミツバチにとっては安心して生息出来る地域なので、
ミツバチはプロポリスを集める必要に迫られません。


或いは、ユーカリの種類が多すぎて、
言って下品質を保つことが困難であるという側面があります。


そのため、同じようにユーカリ森林があり、
一定した品質を維持するという点で、ブ
ラジル産のものが良質と言われています。


つまり、ブラジル産のプロポリスには、
抗菌力の強いフラボノイドが豊富に含まれているのです。



こうしたいくつかの条件が重なって、
ブラジルでは良質なプロポリスが出来るというわけです。


特に、アマゾン川流域より、
ずっと南の中南部地方で採れるものが、
良質であると言われています。


おススメのプロポリスはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional