プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリスはアトピー性皮膚炎に効く

プロポリスはアトピー性皮膚炎に効く


アトピー性皮膚炎は、いくつかのある湿疹様の皮膚の病気の一つのタイプで、

直接皮膚炎と並んで湿疹様の変化の代表的な病気の一つです。


このアトピー性皮膚炎が最近社会的にも注目を浴びています。


それは、アトピーの子供が増えたこと、これが再発を繰り返して成人になってからも治らず、

また思春期以降に発病する人も多く、それらが以前よりも治りにくくなっており、

その人縦の社会生活を脅かす状態になってきたからで、

今や国民病になったという学者もいます。


アトピー性皮膚炎の研究は多くの学者のよって行われていますが、

特に、アレルギーの観点からの研究が大きく進んでいます。


アトピーという言葉が使われだしたのは、1920年代になってからで、

家族内あるいは家系内に出現する奇妙なアレルギー病を意味します。


アレルギー性の喘息、アレルギー性鼻炎とともにアレルギーの代表として取り上げられました。


アトピーアレルギーでは、免疫グロブリンE抗体が発病に関与します。

Ig-E抗体ーE抗体がアレルゲン(抗原)と反応してー抗原応対反応ー起こる病気として、

じんましん、薬剤アレルギーなどがありますが、

これらは家族的に遺伝することがありませんので、アトピー性疾患から除外します。


アトピー性皮膚炎という病名が使われるようになったのは、

1933年ころからですが、それよりもずっと以前に、

ローマ時代には既にアトピー性皮膚炎に相当する病状が記載されています。


アトピー性皮膚炎の多くは乳児期から出始め、出没、消長を繰り返しながら、

小児期、思春期、成人期へと慢性の経過をとって続いていきます。


多くの例では、生後2~6ヶ月に症状が出現します。


また、1歳を過ぎてから、4~5歳頃から、学童期、思春期になって肩で始める場合のほか、

20歳過ぎてから初めて症状が出てくる場合もあります。

3分の2以上の人は4歳までに発症します。


アトピー性皮膚炎の場合には、

血液中のいろいろな抗原に対するIg-E抗体が見つかりますが、

その中でも多いものは、食物アレルギーとしては、

卵白、ミルク、小麦、大豆、米、トウモロコシ、ゴマ、ソバなど。


樹木では、スギ、ヒノキ、マツなど、


花粉アレルギーとしては、

ブタクサ、ヨモギ、ハルガヤ、ギョウギシバ、オオアワガエリ、アシ、アキノキリシソウなど。


カビ類では、カンジタ、ペニシリウム、アスペルギルス、アルテルナリア、クラドスポシウムなど。


ダニのアレルギーとしては、ヤケヒヨウダニ、コナヒヨウダニなど。


動物の上皮としては、イヌ、ネコが多く、その他に多いものでは

ハウスダストなどがあります。


これらの中では、実際に米でアレルギーを示す症状例は非常に少なく、

最も多いものはその他の植物とハウスダスト、ダニ、ネコなどです。


先ほどもアトピー性皮膚炎は治りにくくなっていると言いましたが、

これは同じアレルギー性の病気でもある喘息やアレルギー性鼻炎などが、

アトピー性皮膚炎に合併していることが、成人型ではそれぞれ38%と47%と高率であることや、

これら喘息や鼻炎の発症、特に鼻炎では思春期以後の発症が多いことも関係があると思われます。


またされに、、アトピー性皮膚炎は、

いろいろな病気を合併し易いことも知られています。


皮膚の病気での合併の多いものだけ挙げてみても、

皮膚カンジタ症や白癬症などカビ類の感染やオデキ、トビヒなどの最近の感染症や、

水いぼなののいぼ類のはか、脱毛症、色素沈着や魚鱗疹などがあり、

皮膚以外の合併症としては、結膜炎や白内障などが多くみられます。


これらの症状にプロポリスが効果があるとのことですので、

どうぞこの機会にプロポリスを飲用することをおススメします。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional