プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリスは肝炎に効く

プロポリスは肝炎に効く


肝臓の病気は国民病とも言われ、慢性肝炎だけでも、

数百万人、発病はしているが肝炎のウイルスに感染している、

いわゆるキャリア(長期持続感染者)はそれ以上と言われている。


肝臓は、「沈黙の臓器」と言われ、それ自身は痛みを訴えることもなく、

ただひたすらせっせと働き続けるためで、自覚症状が出た時には、

もうかなり病状が進行していることが多いです。


したがって、常日頃から大切にしてやらない、取り返しがつかないことになります。


一口に肝炎といっても原因は様々で、日本では、

ウイルスの感染、アルコール多飲、自己免疫、遺伝、肥満、胆汁のうつなどが多くみられます。


ウイルス性肝炎は、現在大きく分けて、

A型、B型、C型、D型、E型などが知られています。


このうち、A型とE型は経口感染で、生水や生魚介類を食べたり、

洪水の後や、低開発国への旅行での感染が多くみられます。


慢性化することはまずありません。


B型、C型、D型は、血液や分泌物中のウイルスが口からではなく、

皮膚や粘膜または血液を介して感染するもので、非経口感染と言います。


これらのウイルスの感染によって、感染を起こしますが、

一過性の感染で治療するもの以外に慢性化するものがあります。


つまり、ウイルス性感染のうち慢性化して、

慢性肝炎、肝硬変、肝臓ガンへの進行するものはこれらウイルスのキャリアであり、

この慢性化が大きい問題です。


しかし、感染した人すべてが発病するわけでもなく、

発病率は10%程度といわれていますが、

いたずらに心配せず、定期検査をきちんと受けて医師の指示に従うことが大切です。


ウイルス性肝炎の次に、日本に多く見られるのは、アルコール性肝障害です。

社会が忙しくなり、ストレス解消のためや付き合いのために飲酒するようですし、

女性のアルコール性肝障害、されにはアルコール依存症も急増しています。


この肝障害は、アルコールの飲用を止めれば急速に回復します。

以前、アルコール性肝硬変の人の追跡調査あをしたところ、

飲酒を続けた人は、6年後までに全員死亡しており、

飲酒をやめた人は6年で元気に生活し、

14年後でも6分の一の人が生存していた記録があります。


肝炎をはじめ、肝臓病の治療は、安政、食事療法、肝臓庇護療法をきほんとしますが、

慢性化したB型ウイルス肝炎や、C 型ウイルス肝炎には、

最近インターフェロン療法がおこなわれて域程度の成績をおさめています。


そのほかの薬剤療法としては、

一般的には肝臓を保護するものの以外には、決め手はありません。


したがって、食事療法は非常に大切で、、良質のたんぱく質を充分取り、

肝臓の負担になる過食やアルコールは避けなければなりません。


また、安静も大切で、食後30分から1時間は横になっるか、

座っていても安静にすることを守りたいものです。

食べたものは胃腸から吸収され、門脈を通って肝臓に行きます。

そこで代謝されて養分となって身体の各臓器に運ばれます。


したがって、食後には、肝臓が十分に働けるように、横になって、

血行が肝臓になるべく多くいくようにしてやる必要があります。


その意味では、肝臓の血流量を増やして細胞を活発化する働きのあるフラボノイドが、

有効に作用する可能性は十分考えられます。



● プロポリスのご購入をお考えの方は、 おススメのプロポリスはこちらをクリック

優れた商品を紹介しています。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional