プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリス・品質の違いとは

<< 公式サイトはこちらから↓↓↓ >>


プロポリス・品質の違いとは


プロポリスの品質の違いについて


結論から言いますと、品質には差があります。

それは、成分の違いなどがあります。


ミツバチが集めてくる樹木によって品質が違うのです。


プロポリスの品質は、採取してくるミツバチの

品種によっても違いがありますが、

分析の結果では、ヨーロッパ種のミツバチより、

ブラジルのアフリカ系ヨーロッパ新種の

ミツバチの分泌物を混ぜてつくりだされる

プロポリスの方が、より多くプロポリス成分

フラボノイドが、含有していると言われています。


また、このブラジルミツバチは他の品種に比べて、

群の中でのプロポリス採取にかかっている数の比率が高く、

かつ行動力もあるため、

プロポリスの生産能力が高い と言われています。


ところで、トウヨウミツバチ系の日本ミツバチについては、

巣への固守性がなく、簡単に巣を放棄して逃亡するため、

プロポリス生産のみならず、

養蜂そのものが日本では発達しませんでした


明治時代に入り、毒性が少なく飼いやすい

セイヨウミツバチを導入してから、

ようやく日本でも両方が本格化し、

プロポリスへの関心に至っては、

最近のことになります。


ですから、メーカーがどこの国のプロポリスの原液を使っているかによって、品質にも、価格にも差が出てきます。

粗悪品や悪徳商品に惑わされないようにしてください。


結果として、

プロポリスを選ぶ場合は、

ブラジル産のプロポリス」を選ぶのがベストと思います。


おススメのプロポリスはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional