プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリス・妊婦

<< 公式サイトはこちらから↓↓↓ >>


プロポリス・妊婦


プロポリスと妊婦について


プロポリスは安全な食品であり、

また、催奇性が認められておりませんので、

胎児に悪影響はありませんが、他の薬と同様に、

妊娠初期の多量摂取は控えた方が無難と言えるかもしれません。

授乳期も同様に、量を少なめにしたほうがいいでしょう。



妊娠中にプロポリスを飲んでいた人もいますが、

悪い影響が出たという人はいませんし、

乳児に、ミルクや乳酸飲料に混ぜて飲ませて

生来の陽気が改善された例もあります。

要は、的な影響を考え、

量を多量にしないことではないでしょうか。


【川俣式整体】 不妊症を改善する不妊解消骨盤整体法


妊娠中のプロポリスの摂取は大丈夫?


実は、プロポリスは、

妊娠中は控えるように

ということはよく言われますが、

実際にその理由というのは

実証されているものではありません。


ただ、やはり妊娠中であれば、

母親の摂った栄養分が

そのまま赤ちゃんに行ってしまう

ということから避けたほうが

無難であるといったほうがいいでしょう。


しかし、作用だけ見てみると、

むしろ子供にも良いので

あまり悪いもののような気がしません。


プロポリスの効能は身体の免疫力を高めるほか、

抗炎症作用効果も期待できると言われています。


そのため、

免疫力低下によって起きる体調不良など以外にも、

様々な炎症の鎮静化に活躍するとされ、

まだ免疫力がきちんと整っていない子どもに

与えるのは非常に効果的に思えます。


さらに、それらの身体への有効作用に加え、

身体を構成し、機能を維持していく上で

重要になるアミノ酸やビタミン、

さらに様々なミネラルなどの

栄養素がふんだんに入っているので、

非常に良い栄養総合職でもあると言えます。


ちなみに、これはお母さんにも良い情報で、

美肌効果、アンチエイジング効果などが

期待できるとして有望な成分なのです。


まだ研究が進んでいる状態ではありますが、

プロポリスの原産国であり、

最も高い品質を持つとされる

ブラジル産のプロポリスには、

ガン治療効に有効な成分が含まれているとされています。


強力な抗生物質の効果が

得られるとされるプロポリスは、

確かに強い作用が期待できますが、

同時に天然由来のものなので、

安全でもあると言われています。


そのため、やはり赤ちゃんにも

大丈夫だと言ってもいいような気がしますが、

万が一の可能性を避けるために一度摂取を中断する、

と言う選択をするお母さんが多いようです。


出産後もお乳を通して

栄養が赤ちゃんにも行ってしまうので、

授乳中に関しても、

摂取は控えるといったお母さんが多く、

あくまでも可能性の範囲ですが、

子どもに何か異常が無いように

一応摂取は避けたほうをオススメします。


● プロポリスの購入をお考えの方へ!!

  
おススメのプロポリスはこちらをクリック


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional