プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリス・比較・原材料について

<< 公式サイトはこちらから↓↓↓ >>


プロポリス・比較・原材料について


プロポリス 商品の比較のポイント(原材料について)


原材料におけるポイント


プロポリスも天然のものなので、
原料の生産から製造までをきちんと
管理されているものが良いでしょう。

天然のプロポリスには不純物も多く含まれます。

これらを製造に至る段階で丁寧に取り除く必要があります。

ほとんどが原料を輸入していますが、
生産工場を自社で管理しているところ、
または直接契約しているところなど、
信頼できるものを選びましょう。


プロポリスエキスとは水やアルコールで成分を抽出したものです。

この抽出方法ですが、プロポリスには水溶性の成分と脂溶性の成分、
その中間の成分が含まれています。

水抽出だけでも、アルコール抽出だけでも、
プロポリスに含まれる有効成分を十分に抽出することができません。

そのため、エキスの場合は抽出方法にも注目し、
水+アルコールで抽出しているものを選ぶといいでしょう。


また、プロポリスは採取してから熟成する工程も重要です。

じっくりと熟成させることで活性化する有効成分もあり、
体内への吸収率も上がると言われています。

また、熟成させることでプロポリス特有のピリピリと
舌を刺す刺激を軽減し、
味や香りも飲みやすいものへと変化します。


飲んでピリピリするのは十分に
熟成されていない証拠だと思って良いでしょう。

熟成期間は短くても1年、できれば3~4年ほど、
安全な管理の元でしっかり熟成されたものを選ぶといいでしょう。

その他に含まれる副原材料や添加物についても
注意深くチェックしましょう。

プロポリスの純度は20%程度あれば良質と言えますが、
残りの80%には何かが含まれているわけです。

それらの副原材料をきちんとチェックし、
情報が不透明なものは避けた方が良いでしょう。


形状に関しても、形にこだわるというよりは、
加工する段階で含まれる添加物などに留意して選ぶといいでしょう。


おススメのプロポリスはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional