プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリス・比較・通販商品


プロポリス・比較・通販商品


プロポリス 商品の比較のポイント(原産地について)


原産地におけるポイント


プロポリスは最近の研究によって産地によって
成分が大きく異なることがわかってきました。

特にヨーロッパ産や中国産、ウルグアイ産やアルゼンチン産の
プロポリスとブラジル産のプロポリスは成分が大きく違うのです。

ブラジル産だけが他のプロポリスと違うため、
ヨーロッパタイプとブラジルタイプに分けるのが一般的です。

なぜプロポリスは産地によって成分が違うのかと言えば、
ミツバチの種類が違うこと、
そしてプロポリスの原料となる植物、
つまりミツバチのが収集してくる周囲の植物が違うためです。

一般的にヨーロッパタイプのミツバチはセイヨウミツバチで、
プロポリスの材料にポプラを好んで集めてきます。

一方、ブラジルタイプはアフリカミツバチと
セイヨウミツバチの混血であるアフリカ蜂化ミツバチで、
材料にはバッカリス・ドラクンリフォリアという
植物の新芽や若葉を集めてきます。

少し前まではユーカリだとかローズマリーだという説もありましたが、
研究の末それらではなく、バッカリスだということが判明しました。

これらを総称して「バッカリス系」と呼ばれることもあります。


ヨーロッパタイプの特徴


フラボノイドをはじめとするポリフェノール類が
かなり濃縮されて多く含まれる点です。

そのため少量でも強い抗酸化作用を得ることができます。

抗酸化作用の効果を求めるなら、ヨーロッパタイプを選ぶといいでしょう。

ブラジルタイプの抗酸化作用と比べると倍ほど違います。

ヨーロッパタイプの中でも、ウズベキスタン産、
ハンガリー産、中国河北省産、オーストラリア産、
ニュージーランド産などは抗酸化活性試験でも高い評価を得ています。

国内で言えば岡山産のものが最も抗酸化作用が
強いという結果が出ていますが、外国産と比べると劣ります。

ブラジルタイプの特徴


ブラジルタイプの特徴としては、p-クマール酸誘導体、
カフェ酸エステル、テルペン類などの成分が豊富に含まれています。

これらの成分はヨーロッパタイプにはほとんど見られません。

これらの有効成分には抗ガン作用や胃の健康維持、
生活習慣病予防などに効果があるとされています。

ブラジルはプロポリス生産の第一人者とも言われ、
ブラジル以外では同じブラジルタイプの
プロポリスは見られません。


しかし、ブラジルブランドを悪用して
粗悪品を高額で販売している業者もあるので注意しましょう。

単にブラジル産だからと安心できないのが実情です。

一般的にはブラジル産が最高級品という言われ方をしていますが、
単純にそう言ってしまうのは間違いです。

確かにブラジル産には信頼が高い原料が多いのですが、
それぞれ産地によって特徴があるので、
自分の目的に合ったものを選びましょう。

逆に「プロポリスを比較する時はフラボノイド量で」
というような言われ方もしていますが、
これもヨーロッパタイプとブラジルタイプで
比較してしまうと何の意味もありません。

単純に各業者が表記していることだけに惑わされないようにしましょう。

どこも自社のものが最高品だと言っているものです。

日本はプロポリス生産では後進国


ちなみに、世界的に見て、日本はプロポリス生産では後進国です。

国内におけるプロポリスの研究もあまり進んでいないため、
国産で有効なプロポリスは今のところ発見されていません。


プロポリスは産地や生息地など、
細かい条件によって品質や成分に大きな違いが出てくるため、
その選別も慎重にならさるを得ず、
心配な場合は専門家などに相談するのもお勧めです。


おススメのプロポリスはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional