プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリス・胃・十二指腸潰瘍も消し去る

<< 公式サイトはこちらから↓↓↓ >>


プロポリス・胃・十二指腸潰瘍も消し去る


プロポリス 胃・十二指腸潰瘍も消し去る効果



胃潰瘍や十二指腸潰瘍は発生も珍しくありません。


粘膜が傷つき、仕様だと、タカをくくっているうちに
細胞がガン化する可能性も決して少なくはないのです。



臨床報告では、胃や十二指腸潰瘍の患者が、
プロポリスエキスを少量飲んだところ、
3日ほどで症状が消えたといいます。


ラットでの実験では、粘膜を保護する作業が認められ、
予防効果のあることが、確認されています。


また、ピロリ菌についての研究もあります。


胃腫瘍、胃炎、十二指腸潰瘍等を引き起こすというピロリ菌には、
プロポリスの抗菌作用が働き、含まれているピノセンビリン、
ガランジン、クリシンという3つの成分に、
その効果が見られたということです。


いつも成分後のピノセンビリンが、
ピロリ菌に対して特に効果的だったと報告されています。


攻撃を仕掛けてくるものもいれば、
そのアタックから逃げるように導いてくれるものもあります。


傷を負った時は、その症状和らげたり、
修復するために働くものもあります。


人間の体の中では絶えず、滅ぼそうと攻めるものと、
それを終始しようとするものの攻防戦が繰り広げられています。

そんな免疫機能のバランスが崩れたき、
私たちの体は異常をきたします。


守る側より攻める側に勝利が、もたらされた時、
私たちは病気になるのです。


しかし、そのバランスは突然崩れるわけではありません。


資料を怠ったり、手抜きをしたり、
攻め入って来た相手を見て見ぬふりをしてやり過ごせば、
内部からの崩壊もありえます。


何らかの兆候を見逃せば、ダメージはもっと大きくなります。



そうした状況開始するように働くのが、
24時間の監視体制をしく防衛システムである免疫系です。


その免疫系にトラブルが起きないようにするために、
修理や調整が必要になってきます


その役割を担っているのがプロポリスなのです。


● プロポリスの購入をお考えの方へ!!

  
おススメのプロポリスはこちらをクリック


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional