プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリス・花粉症

<< 公式サイトはこちらから↓↓↓ >>


プロポリス・花粉症


プロポリスと花粉症について



花粉症や鼻炎で悩んでいる方は大変多いようです。

現代病とも言える「花粉症」とは

いったいどう言うものなのでしょうか?

花粉症の原因はそれだけなのでしょうか?

花粉症や鼻炎にかかっている患者さんを見ると、

鼻の奥の粘膜の部分が赤く腫れ上がり、喉が痛くなります。

その粘膜のあたりにドロ~とした

リンパが溜まっている事がわかります。

このリンパ液には神経を過敏にさせる物質が

多く含まれていると考えられます。

その為、鼻の粘膜の神経が過敏状態になり、

粘膜が腫れて花粉症になるのです。

このことが、一般的に花粉症の原因になっています。


つまり、

多くの原因として考えられることは、

車社会で運動不足になりがちや

テレビを趣味などで、長時間同じ姿勢でいること、

勉強のし過ぎや仕事のストレス、

食品添加物を多く含むものを食べる事によって、

リンパ液の流れが悪くなります。



リンパ液の性質に神経を過敏にさせるものが

多く含まれるようになる事になり、

花粉症が発症するものと考えられます。


この花粉症の状態に最も効果的に働く事が

期待できる健康食品が「プロポリス」です。


プロポリスが花粉症に効く


プロポリスが花粉症や鼻炎に良いのでしょうか?

プロポリスの持つ抗炎症作用により、

鼻の粘膜の炎症を抑える働きがあると考えられます。


プロポリスの成分の一つである

フラボノイドが神経をリラックスさせたり、

安定させる効果があると言われています。


それにより、神経過敏になった粘膜の神経を

緩和させるのではないかと考えられます。



プロポリスに含まれる多くの多糖体による粘質により、

鼻の粘膜に薄い膜を作る為、

外の刺激から鼻の粘膜が守られる。



プロポリスの有効成分の一つである

ジデルペンは細胞の働きを正常にする事が

医学的に認められています。

この事により、炎症を起こして傷ついた

細胞を正常に戻す働きがあるのではないでしょうか。


プロポリスの有効成分を鼻の粘膜に塗る


プロポリスが花粉症に効く?・・・なぜ?


プロポリスが花粉症や鼻炎に良いのでしょうか?


そこで、プロポリスの有効成分を

直接、鼻の粘膜に塗ったと考えてみると・・・


① 何と言ってもプロポリスの持つ抗炎症作用により、

鼻の粘膜の炎症を抑える働きがあると考えられます。


② プロポリスの成分の一つである

フラボノイドが神経をリラックスさせたり、

安定させる効果があると言われています。

それにより、神経過敏になった粘膜の

神経を緩和させるのではないかと考えられます。


③ プロポリスに含まれる多くの多糖体による粘質により、

鼻の粘膜に薄い膜を作る為、

外の刺激から鼻の粘膜が守られる。


④ プロポリスの有効成分の一つである

ジデルペンは細胞の働きを正常にする事が医学的に認められています。


この事により、炎症を起こして傷ついた細胞を

正常に戻す働きがあるのではないかと推測します。


あくまでもプロポリスを鼻の粘膜に

塗った場合を想定して考えられる事ですが、

実際には鼻の粘膜に塗るための

プロポリスは販売されていませんし、

市場にも出回っておりません。


本来、市場に出回っている

プロポリスは健康食品であり、

飲むものであって、

鼻の粘膜に塗るものではありません。


では、何故こんな事を言うのかというと、

実際に鼻の粘膜に塗って良くなった方が、

あまりにもたくさんいるからなのです。


薬事法という法律がある以上、

この事を多くの皆さんにお勧めする事はできません。


只、本当に花粉症でお困りの方は自分の責任で一度試して見て下さい。


● プロポリスの購入をお考えの方へ!!

  
おススメのプロポリスはこちらをクリック


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional