プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリス・血管強化作用

<< 公式サイトはこちらから↓↓↓ >>


プロポリス・血管強化作用


プロポリスの血管強化作用について



ガン細胞はたった1個の以上細胞から増殖を続け、
1センチに成長するまでには通常で20年から30年は
かかると言われています。


ガン細胞を発生させる最大原因物質は活性酸素です。


活性酸素は細胞膜をはじめ、
細胞の DNA にまで影響をおよぼして異常細胞をつくり出します。

細胞はガン化し、それを立ち直らせる力が体に不足していれば、
ガン細胞はどんどん当職の一途をたどっていきます。



活性酸素は、細胞にダメージを与えて発症する病気は
ガンばかりではありません。


欠陥障害、つまり動脈硬化、心臓病、
脳卒中等を引き起こしてしまいます。



活性酸素は細胞の脂質を酸化させて、
過酸化脂質を作り出し、それがさらに
細胞や体の器官にダメージを与えるのです。


いうならば活性酸素の被害のようなもの、
と考えるとわかりやすいかもしれません。


例えば、化酸化脂質とタンパク質が結合をして出来るのが
リポフスチンといわれる色素です。


これは年齢を重ねると出来るしみとして体の表面に現れてきますが、
脳や神経系の中で起こると、老人ぼけや神経痛等を引き起こします。


心臓に起これば、心臓に不調が現れてしまいます。



胃や腎臓、肝臓等の消化器系の障害にも、
活性酸素は大いに関わってきます。


糖尿病の合併症とも深い関係がある等、
体の中で起こった異常には、多かれ少なくあれ
活性酸素やフリーラジカルが関与していることは
すでに証明されています。


人間の体にとって大切な血液を運ぶ血管も
そのターゲットになることを避けることはできません。


伸縮性が低下して、固く、もろくなり、
結果 動脈硬化等の血管障害に
見舞われることになってしまうます。


プロポリスには、「ケルセチン」という
ガンに効く成分がありますが、
この成分はフラボノイド成分としては、
ビタミン Pと名乗っている物質です。


抗炎症作用もある等、多彩な活躍をします。



さらに特徴的なのは、プロポリスがビタミンC と力を合わせると、
血管を強くするように働くことです。


その対象となるのかコラーゲンです。


コラーゲンはタンパク質の一種です。


ビタミン C がその構成に関わって強い繊維を作り、
細胞と細胞を結合させます。


傷を負った血管壁を修復し、補強するために必要なコラーゲンを、
ビタミン C を保護するという役割~サポートすることが、
プロポリスには認められているのです。



高血圧や動脈硬化、脳梗塞や心筋梗塞等に大きく関わっていると
言われている血管の衰えは、すなわち、生活習慣病の原因となります。


プロポリスを飲用し、活性酸素からのダメージを受ける前に
「予防」ことが最も大切といえます。


● プロポリスの購入をお考えの方へ!!

 
おススメのプロポリスはこちらをクリック


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional