プロポリスの効能・効果を知り、ガンや糖尿病の予防や花粉症、口内炎、肝障害等の症状に効果・効能があります

プロポリス・頭痛/歯痛/歯槽膿漏

<< 公式サイトはこちらから↓↓↓ >>


プロポリス・頭痛/歯痛/歯槽膿漏


プロポリスには、「天然のアスピリン」という別名があります。


それ程、頭痛等の痛みに効くということです。


一口に頭痛に効くと言っても、その原因も様々で、

なかなか厄介な症状ですが、

プロポリスが頭痛に効くのは、その成分が、

頭痛の原因になるプロスタグランジン物質の

生成を抑えるのではないかと言われています。


頭痛以外の痛みにも、

プロポリスが効果を発揮するケースは少なくありません。


開腹手術の傷口の痛みが軽くてすむとか、

末期ガンの痛みをほとんど感じなくてすむ人が

いるなどの例があります。


また、歯痛、歯槽膿漏にも、痛む場所に

プロポリスを塗るだけで、極めて良い効果か得られています。


様々な症状の中でも、痛みは特に辛いものです。


歯がちょっとでも痛むだけでも、

夜寝ることができなかったという人もいるのではないでしょうか。


病気の一の場合、痛みがあると QOLは確実に下がります。


痛みが取れるだけでも、日常生活は、もっと楽になるのです。


ただ、この痛みを軽減するために、

鎮痛剤を使用するときは、ご存知のように注意が必要になってきます。


科学的に合成された鎮痛剤には、

副作用や、習慣性を伴うものがあったりするからです。


しかし、天然のプロポリスには、その副作用や習慣性の心配がありません。


お年寄りやお子さん、或いは肝機能が低下しているような人でも、

安心して使うことができます。


プロポリスは、安心な「麻酔薬」


プロポリスの効果の程は、麻酔薬と比較してもわかります。


例えば、プロポリスのアルコール抽出液は、

5%濃度の麻酔薬ノボカインと同党の麻酔効果を持つとされ、

また、局所麻酔に使われるコカインの3~4倍とされています。


プロポリスの鎮痛・麻酔効果があるというと、

ドラックというしての使用法を連想するでしょうが、

プロポリスの場合は、逆にプロポリスを飲用していると、

精神安定化作用があるので、不安定な精神状態が改善されます。


この陣痛・麻酔効果は、

プロポリスの中のケルセチン、

ケムフェノール等のフラボノイドや

揮発性油分の作用だと考えられています。



● プロポリスの購入をお考えの方へ!!

  
おススメのプロポリスはこちらをクリック


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional